Photographer,Joe Nishizawa,Photo,Image,Japan,Tokyo,Science, Engineering,Underground,Industrial

文章

写真家にとって、撮影は、仕事のほんの一部


 写真家、フォトグラファーというと普通の人は毎日のように撮影していると思われるかもしれないが、撮影している日というのは、仕事全体で見るとほんのわずかな割合でしかない。私の場合、許可を取らないと撮影できないところばかりを撮影しているので、ちょっと特殊かもしれないが書き出してみる。全体を10だとすると実際に仕事にかかる時間は大体以下のような感じだ。

5、取材先やクライアントの説得(取材許可の取り付け)
1、企画書づくり
1、構成案の作成(撮影前のたたき台として)
1、撮影
1、現像などの後処理
1、構成、デザインなど

 この例は、自分で企画して写真集を作るときのことを想定したものだ。仕事によっては商品をただ撮影するだけということもあるので、そのようなときは、全く違った比率になってくる。いずれにしても、私の場合は目的も無く撮影する事はほとんどなくて、シャッターを切っている時には発表の媒体はもちろん、どのようなカットが必要なのかを把握している。一口に写真といっても、「絵」になっているかっこいい写真、1枚では使えないけど構成やデザインを考えた時に必要になってくる写真、被写体について説明をする時に必要な写真など、写真の使い道を考えながら撮影する必要があるからだ。これは、自分で企画して撮影するときも依頼で撮影するときも一緒だ。
 ちなみに実際の現場では撮影時間がタイトな事が多いので、まず必要なカットを抑え、時計を見ながらプラスαのカットを狙ってゆく。撮影をスムーズに行う為には、事前にこちらの意図や撮りたいシチュエーションをきちんと伝えておく事が必須だ。また、出来る限りの段取りをした上で、現場での予期せぬ出会いがあればそれを大切にする。


ラフスケッチ,ポンチ絵,
thumbnail

 上の写真は、写真集の制作時に描いた絵だが、こちらに明確なイメージあって、それを現場の人に確実に理解してほしい時には、こんな資料をお渡しすることもある。機密や安全の問題で撮影出来ない場合もあるので、事前にそれがわかっていれば代替案を相談出来るし、当日のスケジュールを組む時にやりやすいからだ。こんなことも撮影の準備のひとつになっている。
(2019年4月加筆修正)
© JOE NISHIZAWA. All rights reserved.