Photographer,Joe Nishizawa,Photo,Image,Japan,fukusima first nuclear plant
福島第一原子力発電所,廃炉作業,EPD,ポケット線量計” width=

ポケット線量計

現場に行くときには、必ずこのポケット線量計(APD)を持って行く。ポケット線量計は、あらかじめ被曝量が設定されているので、作業に応じて必要な数値の線量計を持って行く。作業が終われば、またこの場所に返すようになっている。

この線量計は、設定した数値の半ばまで来た時から設定値に近づくごとに、ヒュイーンといった警報音を発する。2回目の警報音が作業終了の合図だ。

撮影地:福島第一原子力発電所
撮影日:2014年11月7日
© JOE NISHIZAWA. All rights reserved.