Photo,Image,fukusima first nuclear plant” width=
福島第一原子力発電所,廃炉作業,燃料交換機

資材管理業務

現場で使うマスクは、個人の持ち物ではなく、現場に行く前に受け取って、退出するときに返す。返されたマスクは、清掃や点検を行ったのちに再度組み立てが行われる。

写真の彼は、マスクにフィルターを取り付けているのだが、1日に組み立てるマスクは、5000個ほどだという。とかく廃炉に直接関わる作業に注目が集まりがちだが、このように支援する業務も重要だ。

撮影地:福島第一原子力発電所
撮影日:2015年9月3日
© JOE NISHIZAWA. All rights reserved.