西澤丞の経歴や活動コンセプトを紹介するページ

プロフィール

プロフィール


portrait,肖像写真

「写真を通じて日本の現場を応援する」というコンセプトのもと、科学や工業に関する写真を撮影し、自身の著作物や雑誌などで発表している。日本における工業写真の第一人者。自動車メーカーデザイン室、撮影プロダクション勤務を経て2000年よりフリー。
 愛知教育大学美術科卒。愛知県出身、群馬県在住。



活動コンセプト


 写真を通じて日本の現場を応援する。  


○この国の科学や産業について、多くの人に知っていただくこと。
 この国が、何によって支えられているのか。未来を考える為にも、実際の現場がどうなっているのか伝えたいと思います。

○子ども達の職業の選択肢を増やすこと。
 知らない職業は、選びようがありません。私は、様々な職業を紹介することで、理系離れ、ものづくり人口の減少、雇用のミスマッチなどの問題を解決したいと思います。

○「日本」のブランドイメージ向上。
 高品質な商品を作っても、すばらしい活動をしていても、いい加減な写真で発表していては何も伝わりません。私は、写真を通じて、取材先のイメージと認知度の向上を目指します。そして、それが、「日本」や「日本製」のブランドイメージ向上につながることを願っています。


著作物


「イプシロン•ザ•ロケット」オライリー•ジャパン
「Build the Future」太田出版
「背景ビジュアル資料3」グラフィック社
「首都高山手トンネル」求龍堂
「Deep Inside」求龍堂



その他の実績


雑誌などでの掲載
「TIME」 (アメリカ、ヨーロッパ、アジア、南太平洋の各版)
「ZWITWISSEN」 (ドイツ)
「VANITY FAIR」 (イタリア)
「PHOT` ART」 (フランス)
「D la Repubbica delle Donne」 (イタリア)
「FOCUS」(イギリス)
「Discovery Channel Magazine」(アジア版)
「エヴァンゲリオン新劇場版:序」公式ガイドブック
「ナショナルジオグラフィック」(日本語版)
「ニュートン」
「CAPA」
「週刊文春」

美術館などでの展示
東京都現代美術館「宇宙×芸術」展
© JOE NISHIZAWA. All rights reserved.