写真の紹介 首都圏外郭放水路 調圧水槽

撮影地:国土交通省 首都圏外郭放水路 調圧水槽
撮影日:2004年9月1日

首都圏外郭放水路とは、洪水を防ぐための施設で、この場所は調圧水槽と呼ばれています。近くを流れる4本の中小河川は氾濫しやすいため、水が溢れる前に地下のトンネルを使って水を逃がし、余裕のある江戸川へと放流する仕組みになっています。この場所は、集めた水の勢いを調節するために設けられた空間で、サッカーコート2面分くらいの広さがあります。ここに集められた水は、ポンプでくみ上げられて、江戸川へと放流されます。

 ここでの撮影は2日間の予定でしたが、1日目はカメラへの結露がひどくて撮影できず、2日目にようやく撮影出来ました。気温が高かったことと数日前に施設が稼働したため施設内に水が残っていて、それが霧のように立ち込めていたのです。おかげで、持っていった2台のカメラのうち1台はシャッターが切れなくなってしまって、残った1台で撮影しました。この当時使っていたカメラはフィルムカメラでしたので、今のような防塵防滴構造ではなく、カメラの中に水分が入ってしまったのだと思います。カメラは、壊れてしまったのですが、水蒸気が立ち込めていたおかげで幻想的な写真を撮ることができました。条件の悪い時って、意外といい写真が撮れたりするのが不思議です。なお、この写真は、TIME誌に掲載されました。

Photo Introduction: Pressure tank of G-Cans

Location: The Metropolitan Outer Area Underground Discharge channel as G-Cans
Shooting date: September 1,2004

The Tokyo Metropolitan Area Outer Discharge Channel is a facility to prevent floods, and this location is called a pressure tank. The four small and medium-sized rivers that flow nearby are easily flooded, so water is released using an underground tunnel before the water overflows, and discharged to the Edo River where there is room. This place is a space provided to regulate the momentum of the collected water, and is about the size of two soccer courts. The water collected here is pumped up and released to the Edo River.

The shooting here was planned for two days, but on the first day, the condensation on the camera was so bad that I couldn’t shoot. Due to the high temperatures and the facility being up and running a few days ago, there was still water inside the facility, which was like a fog. Because of this, one of the two cameras I had was unable to release the shutter, and I shot with the remaining one. The camera I was using at that time was a film camera, so it was not a dust-proof and drip-proof structure like today, but I think that water had entered the camera. The camera was broken, but thanks to the water vapor, I was able to take fantastic pictures. It is strange that when conditions are bad, unexpectedly good photos are taken. This photo was published in TIME magazine.