写真の紹介 固体燃料ロケット イプシロン

撮影地:宇宙航空研究開発機構(JAXA) 内之浦宇宙空間観測所
撮影日:2013年9月14日

 一般の方がロケットを想像する時は、主に水素と酸素を燃料とした液体燃料ロケットを思い浮かべることが多いと思うのですが、このロケット「イプシロン」は、ロケット花火のように固体の燃料を使ったロケットです。燃料はロケットの中で燃焼するので、エンジンが無く、構造が簡単で安価なのが特徴です。エンジンに相当する部分は、「モータ」と呼ばれています。ロケットの下の方から出ている黒い煙のようなものは、ロケットの姿勢を制御するための小型のモータです。
 この写真の撮影では、私はシャッターを切っていません。イプシロンの打ち上げ時には、半径2キロ程度の範囲内は立ち入り禁止となってしまう上に、電波などを発信する機器は使用禁止になってしまうからです。では、どうしたのか?許可されたのは、タイマーを使う方法と音や光に反応するセンサーを使う方法です。タイマーを使った方法ですと、打ち上げ時刻がずれた場合、全く撮影出来ない状況になってしまいますので、私は音センサーを使ってシャッターを切れる装置を自作し、前日にセットする方法で撮影を行いました。当日は、遠くから見守っていただけです。

Photo Introduction: Liquid fuel rocket “Epsilon”

Location: JAXA
Shooting date: September 14,2013

When imagining a rocket, I think that people often think of a liquid fuel rocket that mainly uses hydrogen and oxygen as fuel, but this rocket “Epsilon” is a solid fuel like a fireworks. The fuel burns in the rocket, so there is no engine, the structure is simple and the cost is low. The part corresponding to the engine is called the “motor”. The black smoke coming out from underneath the rocket is a small motor that controls the attitude of the rocket.

In taking this photo, I did not release the shutter. When epsilon is launched, it is prohibited to enter the area within a radius of about 2 km, and equipment that transmits radio waves is prohibited. So how did I release the shutter? Permitted are the use of a timer and the use of sensors that respond to sound and light. If you use a timer, if the launch time is off, you will not be able to shoot at all, so I made my own device that can use the sound sensor to release the shutter, and set the day before to shoot I did it. On the day, we only watched from afar.