写真の紹介 横浜北西線シールドマシンの組立

撮影地:横浜北西線
撮影日:2016年12月16日

 横浜北西線は、横浜北線とつながることにより、東名高速道路と横浜港をつなぐ高速道路になります。横浜北西線は、全長が7.1㎞あり、その内の4.1㎞がトンネルになっています。この写真は、トンネルを掘るための機械「シールドマシン」の組み立て中を撮影したものです。シールドマシンは、茶筒を横に倒した様な円筒形をしていて、前面には、突起物がついた円盤状の部品があり、それを回すことで土を削り取り、前に進みます。それと同時に後方では、トンネルの外壁が組み立てられてゆきます。写真に写っているオレンジ色のパイプは、削り取った土を水と一緒に後方へ送り出すためのパイプです。灰色のパイプは、ジャッキで、組み立てたトンネルの壁をこのジャッキで押して前に進みます。水色(緑色)のパイプは、土を削るための円盤を回すためのモーターです。

Photo Introduction: Shield Machine at Yokohama Northwest Route

Location: Yokohama Northwest Route
Shooting date: December 16,2016

Yokohama Northwest Route is the expressway that by connecting to the Yokohama North Route, the Yokohama Northwest Route becomes an expressway connecting the Tomei Expressway and Yokohama Port. The Yokohama Northwest Route has a total length of 7.1 km, of which 4.1 km is a tunnel. This photo was taken while assembling the shield machine, a machine for digging tunnels. The shield machine has a cylindrical shape lying down sideways. On the front, there is a disk-shaped part with a protrusion, which is turned to scrape the soil and move forward. At the same time, in the rear, the outer walls of the tunnel are assembled. The orange pipe in the picture is a pipe for sending the shaved soil backwards with water. The gray pipe is a jack, which pushes the assembled tunnel wall forward with this jack. The light blue (green) pipe is a motor for turning a disk for shaving the soil.