写真の紹介 製鉄所の連続鋳造

撮影地:JFEスチール株式会社
撮影日:2015年10月21日

 製鉄所では、鉄鉱石を溶かして成分を調整した後、一定の塊にし、それを圧延して様々な製品にして出荷しています。昔は、塊にするときに、鋳型に流し込んで固めていたのですが、それでは手間がかかってしまいますので、今は、じょうごの様なものに溶けた鋼鉄を注ぎ込み、ところてんのように出て来たものを切断し、塊を作る方法に変わっています。この方法は、連続で鋳造をしているので、連続鋳造と呼ばれています。写真は、鋼鉄を注ぎ込む瞬間を撮影したものです。 私の写真をご覧になった方の中には、危ないところで撮影しているとお思いの方もいらっしゃるのですが、いつも安全を確保した上で撮影しているので、特に危険なことはしていません。作業員さんが作業している場所で、安全が確保されていない場所はありませんから。

The English text can be found below.

Photo introduction: Continuous casting of steelworks

Location: JFE Steel Corporation
Shooting date: October 21, 2015

In the ironworks, after dissolving the iron ore to adjust the components, it is made into a certain lump, which is rolled into various products and shipped. In the past, when it was made into a lump, it was poured into a mold and hardened, but it would take time, so now, pour the steel melted into a funnel-like thing and go out like a place It has been turned into a method of cutting what has come and making lumps. This method is called continuous casting because it is cast continuously. The picture is of the moment when the steel is poured.
Some of those who have seen my photos think that I am shooting in dangerous places, but because I always shoot with security in mind, I do particularly dangerous things not. There are no places where workers are working without safety.