人生初!リュックタイプのカメラバッグを買ってみた。

Lowepro ProTactic-BP450AW-2のレビュー

今までは、ずっとショルダータイプ(肩掛け)タイプのカメラバッグを使っていた。足元が水浸しだったり、オイルや鉄粉が散らばっていて、カメラバッグを下に置けない状況というのが頻繁にあるので、カメラバッグを置かなくてもカメラの取り出しができるショルダータイプがいいと思っていたからだ。ただ、今使っているショルダータイプのものに不満が出てきたので、調べてみたら、最近は肩にかけた状態でもカメラを取り出せるリュックタイプのものが増えてきているようなので、人生初のリュックタイプのものを購入してみた。

Lowepro ProTactic-BP450AW-2の外観

ショルダータイプからリュックタイプにした理由

床にカメラバッグを置かずに機材を取り出したいという理由でショルダータイプを使っていたわけだが、不都合なこともいくつかあった。

・工事現場の仮設階段のような狭いところを通る時には、カバンが体の後ろになるように支えなければいけないので、片手がふさがってしまう。首からカメラをぶら下げているような状況では、前後に抑えるべきものが発生してしまうので、両手がふさがってしまうこともある。これは、不安定な場所では避けたい状況だ。

・収納の問題もあった。カメラ2台にレンズを付けたままバッグに収納したかったのだが、今まで使っていたものは、それが出来ない。また、パソコンがクッション材の無いポケット部分にしか入らないので、パソコンを入れる際には、別途、緩衝材を用意する必要があった。パソコンを持って撮影に行くことって少ないんだけど、全くないわけじゃないので、スッと入るようになっていてほしかった。

・機材の大きさが変わってきたせいか、今までのカバンでは、無駄なスペースが出来てしまって、合理的な感じがしないのも気になっていた。特に望遠レンズが短くなったので、深さは要らない。

普段持ち運んでいるのは、上の写真のような機材だ。これを全部、カメラバッグに入れなければいけない。泊りがけの時は、衣類用のカバンを別に持って行くので、それは、カメラバッグに入れる必要はない。さて、参考までに、機材についても簡単に説明しよう。

・カメラボディ 2台 どっちもEOS R5(ミラーレス一眼)

・レンズ 4本 RF24-70 F2.8、RF70-200 F4(使用頻度低し)、EF16-35 F4、EF24-70 F4(予備レンズ)

・その他、バッテリーやレリーズなど。最近は、マスクやアルコール消毒用ティッシュも必需品になっちゃったね。

で、入れてみたのが下の写真だ。

おおっ、ぴったりじゃん!カバンの中央部分に入れたものは、取り出す時に、こんな感じで背面のパネルを開ける必要があるので、予備として持って行く物なんかを真ん中あたりに入れてみた。すぐに使う必要があるバッテリーとレリーズは、カバンの外側にあるジッパー付きのポケットに入れておいた。また、このカメラバッグは、上にも取り出し口があって、内側にジッパー付きのポケットがあるので、メモリーカードは、そこに入れた。

背面のパネルを開けた状態を引いて見るとこんな感じ。開閉用のジッパーは、他では見たことのないゴツイものが使われていて安心感がある。
ネットには「自立しないじゃん!」って記事があった。確かに空っぽの状態だと自立しないけど、機材を入れると自立する。
腰ベルトも付属する。取り外し可能なので、とりあえず外した状態で使うつもり。あっ、写真を撮り忘れたけど、底面に雨よけのカバーも入っているよ。
間仕切りは、たくさん用意されている。薄い間仕切りは、オレンジ色のものが一番幅広で、グレーのものは、幅の違う2種類になっている。
パソコンは、こんな感じで入る。紙みたいな薄いものを入れるポケットも備わっている。
ジッパーの金具が機材に当たらないように、金具を隠せる仕組みになっている。

Lowepro ProTactic-BP450AW-2を選んだ理由

・一つめの理由は、カメラバッグ専用の設計になっていること。他のカメラバッグで「これ、かっこいいなあ」って思えるものもあったけど、それは街で普段使いすることも想定されているのか、バッグの中にカメラを収納するためのコンパートメントを入れなければならず、無駄だし、値段も上がってしまう。

・また、ProTactic-BP450AW-2は、間仕切りや取り出し口がたくさんあって、柔軟性がありそうだと思えた。今のところ、間仕切りのレイアウトを変えて運用する予定はないけど、大きめの望遠レンズが必要な時は、入れ方を考えないといけないかもね。まあ、今のところ、そういった望遠レンズは持ってないんだけどね(笑)

・アウトドアで風景を撮ることを想定しているカメラバッグは、外側にループ状の部品がいっぱい付いているものが多いんだけど、そういうのは、僕にとってリスクでしかない。工場でバルブなんかに引っ掛けちゃったら大変だ。その点、ProTactic-BP450AW-2は、外観がすっきりしていて好感が持てた。

横からカメラを取り出す時は、こんな感じ。
反対側にも同じような取り出し口がある。
開口部は、上部にも設けられている。蓋の内側にジッパー付きのポケットもある。
側面上部には、小さなポケットがある。こちら側には、何かを繋げておくための金具がある。
同じようなポケットが反対側にもある。こっちは、ただのポケット。
付属品として、ポーチや三脚を運ぶときに使うものが用意されている。
バッグの背面には、ループがあって、ここに付属品を取り付けることが出来る。
ポーチを取り付けた状態。ポーチは、小さなペットボトルが入る大きさだから、とりあえず、これを持っていこうと思っている。

Lowepro ProTactic-BP450AW-2のレビューまとめ

機材を入れてみた時点での感じは、とってもいい。なんと言っても、カメラバッグが小さくなったのに、今まで使っていた機材がそのまま入るっていう無駄のなさが気持ちいい。背負った時の楽な感じも、早く現場で試してみたいって気にさせる。実際に使ってみたら、ここに感想を追記してみようと思っている。

以上、写真家西澤の悪戦苦闘でした!