写真家の仕事って?

撮影中の写真家、西澤丞

写真家って、毎日、外で撮影しているイメージですか?

 以前、とある地方の工場で、こんなことを言われました。「この辺の人にとって、東京から来た写真家なんて、宇宙人みたいなもんですよ。」これは、極端な例としても、「写真家って、毎日、写真を撮ってるんですか?」と聞かれることは、結構あります。つまり、一般の人にとっては、写真家っていうのは、何をしているのかよくわからない人の一人なのです。よく分からない人では、ギャランティーももらえませんし、撮影なんかの協力もしていただきにくいですから、私の仕事内容を文章にまとめてみたいと思います。写真家さんの中には、毎日撮影に出ている方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでは、私の仕事について書きます。

“写真家の仕事って?” の続きを読む

開通直前の横浜北西線を撮影して来ました

開通直前の横浜北西線レポート、アイキャッチ画像

来たる2020年3月22日(日)の16時に開通する予定の高速道路、横浜北西線の開通直前の様子を撮影して来ました。どんな道路かというと、2017年に開通した横浜北線と接続することにより、横浜港方面と東名高速道路を結ぶ役割を果たすことになる高速道路です。

この道路の建設中は、撮影だけでなく、見学会に講師として参加させていただいたり、フォトコンの審査委員をやらせていただいたりしましたので、関わりが深く、無事に完成してうれしい反面、もう撮影にお邪魔することがないかと思うと寂しい気もしています。

さて、前置きが長くなってしまいました。現場の写真をご覧いただきましょう。

上の写真は、北西線の南側にある横浜港北ジャンクションから地下トンネルへと入ってゆく部分です。トンネルの入り口ということもあり、ここは照明がたくさん付いています。

“開通直前の横浜北西線を撮影して来ました” の続きを読む

写真の紹介 横浜北西線の建設現場

横浜北西線の工事現場で撮影した写真

撮影地:横浜北西線
撮影日:2017年6月22日

2020年3月22日に開通する横浜北西線。この写真は、まだ建設中だった2017年に撮影しました。トンネルとトンネルの間にある通路部分を撮影していたところ、仕事を終えた作業員さんが歩いて来たので、急遽、設定を変えて撮影した写真です。

READ MORE

映画「フクシマフィフティ」に参加しています。

映画「フクシマフィフティ 」のチラシ

 2020年3月6日より公開される映画「フクシマフィフティ」のエンドロールに、福島県内で撮影した風景写真を2点提供しています。該当する写真は、このサイト内の写真ギャラリー「福島の今 2018」に含まれています。どの写真なのかは、観てのお楽しみです。なお、エンドロールには、私の名前もクレジットされています。

 以下は、私の個人的な意見です。必ずしも製作者の意図を反映したものではありません。また、試写を一度観ただけですので、思い違いがあるかもしれません。あらかじめご了承ください。

“映画「フクシマフィフティ」に参加しています。” の続きを読む

写真の紹介 福島第一原子力発電所の廃炉作業 桜と作業員

廃炉の作業員と桜

撮影地:福島第一原子力発電所
撮影日:2016年4月12日

 廃炉作業の現場で、桜と作業員の写真を撮影したのは、事故から5年ほど経った2016年4月12日。この頃からフィルター付きの全面マスクを付けなければいけない区域が減少し、簡易マスクで作業できる現場が増えてきました。服も頭まで覆う防護服ではなく、首までの構内作業服です。
 多くの人が、事故当時のまま、全面マスクに白い防護服という服装で作業をしていると思っていらっしゃるようですので、服装の違いにも驚かれますが、何より、構内に桜の木があって、花を咲かせていることに驚かれるようです。

アパチャーギャラリーでの展示の様子

 なお、桜と作業員の写真は、WeTransfer社の助成により、2019年9月、ニューヨークのアパチャーギャラリーにおける展示「Refocus」展にて展示されました。上の写真は、その展示の時の様子です。「壁にピンで留めるか、天井からワイヤーで吊るすか、どっちがいい?」と聞かれましたので、壁にピンで留める方法にしてもらいました。国によって、写真の展示方法も随分と違うものですね。

READ MORE